高校生が学ぶ「情報Ⅰ」を学んでいこう

2022年からの新学習指導要領から全員が「情報Ⅰ」を履修することになったそうです。
選択ではなく全員とあります。
そして、発展的選択科目として「情報Ⅱ」も用意されています。

2013年からは「社会と情報」、「情報と科学」から1つ選択だったそうです。

自分の子供がかなり昔に卒業していたので、このような環境の変化を知りませんでした。

そして、今回文部科学省のホームページで教師向け資料が公開されているのを知りました。
内容を見ていくと、その幅の広さや深さに驚きました。
私の世代の教育レベルからすると、かなりの専門知識だと思います。

このような教育を受けた若者が次々に社会に出てくるわけです。
ということは、これら若者が入っていくる会社の経営者、私のようなシニアも知識のバージョンアップをしなければ、これら若者の活躍の場を広げてあげられないのではないかと考えました。

そこで、教師向け資料を紐解きながら、シニア向け「情報」の学びをゆっくりペースですが、はじめていこうと思います。

引用:【高等学校情報科「情報Ⅰ」教員研修用教材(本編)】
高等学校情報科「情報Ⅰ}教貝研修用教材