2017年夏の甲子園を目指す暑い夏が始まりました!

夏の甲子園を目指す第99回全国高校野球選手権大会が7月7日から始まりました。

私は大会2日目の7月8日、郡山市のヨーク開成山スタジアムを観戦に行ってきました。

 

 

 

35度近くあった真夏の日差しの中、ハツラツとした選手のプレーを楽しんできました。

選手が補欠も含めて沢山いるチーム、10数人のチーム、伝統校、新しい高校・・・。

 

学校での選手を取り巻く環境はそれぞれ違うのに、

同じルール、同じ球場で、これまでの練習の成果を精一杯発揮しようとする全力プレーの姿が大好きです。

 

そんな選手達の姿を見ていて今年ももらったメッセージ。

 

まず1つはグランドに立とうということ。勇気を出してやりたいことをやろう

たとえスターティングメンバーやベンチメンバーになれなくとも、まずグランドを目指そう。

 

次に、練習をしよう

とっさの判断と反応を支えるのは、膨大な練習のお陰です。

 

そして心を整えよう

紙一重の差が結果を左右することもあります。

バント処理、簡単なゴロの処理・・・いろいろな瞬間にも心が揺らぐ時があるのだろう。

1つのプレーが終了するまで気を抜かずに今に集中することが大切ですね。

 

私はこの春起業しました。

やっとグランドに立ち始めた新人です。

負けたチームの選手達は、今日から次に向けた練習を始めているのかもしれません。

私も日々学びを続けていこうと思います。

 

そして「而今」

今、生きているこの瞬間を大切にしていこうと思います。